読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

覚えていられることって、思っているよりも少なく頼りない

考察、思うこと

f:id:yukikolog:20150829215455j:plain

 

私ははてなというブログサービスを利用しています。
こちらでは毎週ブログに関して、今週のお題を出してくれるんです。

 

そんな今週のお題は、『一番古い記憶』。
あなたの一番古い記憶は何ですか?というものでした。

普段はこのお題はほぼスルーしているのですが…。
何となく印象に残って考えてみたら、少し恥ずかしい記憶がよみがえってきました。

 

おやつのホットケーキを、

私の一番古い記憶は、おそらく保育園の頃のあの記憶
確か年中さんくらいだったと思います。

私が通っていた保育園は、お昼寝のあとにおやつの時間がありました。
その日のおやつは手作りのホットケーキで、机の上にきれいに並べられていたんです。

整然と1枚ずつ並んだ、きれいなホットケーキたち。

 

その時の私は何を思ったのか、それらひとつひとつを指で押していったんです。
人差し指でぷにぷにと。

それはもうとても楽しかったのを覚えています。

1枚ずつていねいに押して、指のあとをつけていく作業をもくもくとしていました。
………変な子どもだな…。笑

 

当然、ものすごく叱られました。
当たり前ですね。

こんこんと叱られて、おやつは抜きになって。
部屋か階段か、どこかすみっこでひとりで泣いていた記憶。

これが私の『一番古い記憶』です。

 

 

覚えていられることって、本当に少なくて頼りない

一番古い記憶が叱られた記憶って…。笑

それはともかく、これをきっかけに幼かった頃のことを思い出してみたんです。
いろいろなことを思い出しました。

おばあちゃんとお留守番していて、一緒に夕食のカレーを食べたこと。
はじめて毛虫を見て、その不思議な動きを夢中で見ていたこと。
みんなで一緒に泥だんご作りをしたこと。

 

どれもとりとめのない記憶ですが、大切な思い出です。

でも、こうやって思い出せることって本当にわずかなんですね。
小さい頃のことはある程度は仕方ないとはいえ、何ていうか……。

自分が思っているよりも、覚えていられることって少ない。
そして覚えて思い出せる記憶も、とても頼りない状態でしか思い出せない。

これって、本当にもったいないことだなと思いました。

 

今この時思っていることも、体験したことも。
これから先、覚えて思い出せることってきっとできないんだろうと。

嬉しいも、悔しいも、悲しいも。

 

そう思ったら、すごくさみしく感じました。

 

 

だから、できるだけブログを書いていこうと思いました

今週のお題を考えていたら、こんな結論に至りました。

今の自分を、いつかの自分が振り返る時。
そんな時の助けになるように、私はこれからもブログを書き続けようと思いました。

今でさえ以前書いた内容を読むと、すでにとても懐かしいです。
そしてけっこう恥ずかしい。笑

 

その時には何を考えて、どんなことをしたのか。

こうして残していくことができるのが、ブログのいいところですよね。
さらに、ただの日記と違い、他の誰かとコミュニケーションをとることもできる。

どこかで、ブログというものはその人の財産になりうると、読んだことがあります。
私のこのブログもそうしていけるように、これからも書き続けていきます。

 

以上、今週のお題『一番古い記憶』でした!