読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

シアトルといえば!Starbucks(スターバックス)1号店へ行ってきた

海外旅行 海外旅行-アメリカ、シアトル

f:id:yukikolog:20160314104939j:plain

 

ここまで、かなりベタなシアトル観光を満喫してきましたユキコです。

yukikolog.hateblo.jp

yukikolog.hateblo.jp

 

1日目のラストは、やっぱりここもはずせないでしょう!というところに行ってきました。

 

シアトルといえばコーヒー。
そしてシアトルは、さまざまなカフェの発祥の地でもあります。

あの世界一有名なカフェの1号店も、ここシアトルにあるんです。

 

Starbucks(スターバックス)1号店へ行ってきた

その世界一有名なカフェというのが、みなさんご存知、Starbucks(スターバックス、以下スタバ)です。いまや全世界に2万店舗以上をかまえる、いわずと知れた有名店ですね。

そんなスタバ1号店、場所はこちらです。

 

シアトルには非常にたくさん、本当にたくさんのスタバ店舗があります。本当に道を歩いているとブロックごとにスタバがある、ぐらいの勢いです。

この1号店の近くにもここと同じロゴが掲げられているもっと広い店舗があるんですが、間違えないように注意が必要です。ちなみに私はそちらの広い店舗の方がゆっくりできて好きでした。

 

f:id:yukikolog:20160314104932j:plain

f:id:yukikolog:20160314104933j:plain

 

やってきましたよ1号店!

1号店は、有名なあの緑のロゴマークではなく、こちらの茶色のセイレーンが目印です。こっちのセイレーンはちょっとリアル志向のイラストで、ちょっと…ほんのちょっときもちわ(以下略)

 

Twitterから失礼しまして、こっちはおなじみの緑のスタバロゴマーク。

 

ショーウィンドウ越しに見える店内、ダンボール箱が山積みにされているのが見えます。それだけここに来るお客さんが多いってことですよね。

 

f:id:yukikolog:20160314104935j:plain

想像以上に小さな入り口。

スタバ1号店の入り口には、この『1912』という年号が掲げられています。間違いなく1号店のしるしです。

 

店内には座席はありません。
コーヒーを購入した人は必然的に立ち飲みという形になってしまいますが、基本的には店内で飲めるような余裕はないと言っていいでしょう。

……そして私はここでコーヒーを買いませんでした。笑

いや……だって、味は同じでしょう?それならもっとゆっくりできるところで買って、ゆっくり店内で飲みたいよ!

 

コーヒーを買わなかった私は、店内を見て回るのもさらーっとすませました。

f:id:yukikolog:20160314104936j:plain

f:id:yukikolog:20160314104937j:plain

f:id:yukikolog:20160314104938j:plain

 

おぉ…これがスタバ1号店で売られているグッズたち。

 

きっとものすごく売れているんでしょう、夕方ごろに見た陳列棚はこんな感じに隙間が目立ちました。特にこの3枚目の写真のタンブラーは、本当にこれだけしかなかったです。

タンブラーやマグカップもシンプルでかわいいので、荷物が気にならない人はここでお土産を買ってもいいかもです。でも、ここはマグカップどころかタンブラーも陶器だったので、個人的には重さと割れが心配かなぁ…。

 

 

シアトルへ行った際にはぜひとも立ち寄りたいところ

わりとあっさりにはなってしまいましたが、スタバ1号店へ行った感想はこんな感じでした。でも、心の中ではこっそりと『ここが1号店かぁ…!』と地味にわくわくしてたんですよ!

けれども常に人でごった返していてゆっくり商品を見ることもできないため、やっぱり店内で落ち着くことができないのはつらいです。ここは本当に観光に立ち寄るだけで精一杯でした。

 

そうそう、ご存知ですか?
シアトルにはスタバ1号店だけでなく、実はもうひとつ特別なスタバがあるんです。

 

次回のブログではそちらのスタバについて書いていきますので、そっちもどうぞお楽しみにー!