読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

お久しぶりです。と、おうち決まりました!!

f:id:yukikolog:20160406132550j:plain

 

こちらは3月の終わりに(また)行った、ブッチャートガーデンの写真です。
だんだん春めいてきていて、はじめて行った時よりもきれいでした!

はじめて行った時の様子はこちら。

yukikolog.hateblo.jp

yukikolog.hateblo.jp

 

 

………。

 

 

 

えっと…なんか……、

 

お、お久しぶりです!!!!

 

 

普通にはじめてみたけれど、やっぱり何かすみません!

いや本当に、今までないくらいブログから離れていました。

特にこれと言った理由はあるような、ないような。
そんな感じではありますが、今日は嬉しい報告をさせてください。

 

 

というわけで、無事に5月からのおうちが決まりましたー!!

いやー、よかったよかった!本当に!

 

ユキコのシェアハウス探し

さて、前回のブログでお伝えしていたシェアハウス探しですが。

yukikolog.hateblo.jp

 

この少し前からスタートして、実質かかった日数は1週間くらいです。

まだ新しいシェアハウスでの生活は始まっていませんが、ここに決めるまでに私が利用したウェブサイトのご紹介やら、やり方やら、書いていきますね。

 

1.まず最初は物件探し!あらゆるサイトを見まくる

とにもかくにも物件の情報を集めないことには話が進みません。
というわけで、私が主に利用したサイトは以下のとおりです。

 

victoria.craigslist.ca

www.e-maple.net

www.kijiji.ca

 

この3つのサイトを主に利用しました。(全て対象地域をビクトリアに指定したURLを掲載しています)

他にも日本語サイトで有名なJPカナダ(Jpcanada.com)というところがあるのですが、私は利用しませんでした。特に理由はありませんが、私が利用した時期は情報がものすごく少なかったので…。

 

写真と、家のだいたいの場所と、あとは勘。(いつもこればっかりだな…)
こちらのシェアハウス探しはとにかく数を打て!と聞いていたので、少しでも気になるところがあったらテキスト(電話番号を利用したショートメッセージ)かメールを送りました。

なぜテキストかメールなのかと言いますと。
コンタクトをとる方法が電話のみ、という家もいくつかあったので、電話ができればもう少し選択肢は広がったのでしょうが、それは私にはハードルが高すぎる。

というわけで、まずは文章でやりとりができるところを選びました。

 

ちなみにではありますが、私がメインで利用したのはcraigslistです。決まった物件もそこに掲載されていたところでした。

英語ばっかりで心が折れそうになりますが、慣れれば大丈夫!

 

2.返事がきたら、下見の日程を決めましょう

こちらのシェアハウス探しはとにかく数を打て!と聞いた理由。

それは、まずこちらが送った最初のコンタクトに対する返事がないことが多いからです。実際に私も半分くらい返事が返ってこなかったように思います。適当か。笑

幸運にも返事が返ってきたところには、積極的に次のステップへ話を進めましょう!

だいたいどこも『今日か明日は来れる?』とえらく急な提案をしてきます。笑
シェアハウス探しはフットワーク軽く!も大事かもしれないですね。

 

3.実際に物件を見ましょう。おうちの中だけでなく、周辺の環境も!

この下見なんですが、よく言われるのが女性はなるべくひとりで行かず、誰かと行きましょう!という意見です。

これは100%同意します。
だって危ないですもん。本当に何があるかわからない、それが海外です。

yukikolog.hateblo.jp

 

…………そんなこと言っといて、私はひとりで行きましたが……。

行く前はものすごく緊張しましたし、無事に帰ってこられるか本当に不安でした。

私はひとりで下見に行くにあたり、最低限、大家さん(もしくは当日案内をしてくれる人)が女性であることを確認しました。これも所詮メールでしか確認ができないことではありますが、相手の名前が男性の名前かそうでないか、ということは、メールのやり取りの段階で気にしていました。

 

そして実際に下見に行った際には、物件の中だけでなく周辺の環境も見てきました。

最寄りのバス停の位置、距離。バスの本数はどれくらいあるのか。
外灯や、夜道は危険そうではないか。
そもそもその周辺環境は治安がいい地域なのか、悪い地域なのか。

そんな感じの条件を当てはめながら見てきましたねー。

 

4.シェアハウス探しは早いもの勝ち!

最終的に、私は2件目に下見をしたおうちに決めました。というか、下見はその家を含む2件しかしていません

決めるのが早すぎなんじゃないかと不安はよぎりましたが、理由はいつものあれです。

 

『この家好きー!ていうか、この人、好き……!』

 

いつものあれ、インスピレーションってやつです。笑

私の次の家は大家さんと同居する物件なんですが、何ていうか、その人の雰囲気とか対応がものすごく好き!と感じたんです。あと、この人の英語は聞いていてしんどくない、と感じました。

その人は現地の銀行に勤めている女性なんですが、後日デポジットを支払いに行った時には、こちらから言わずともきちんとした領収書をくれました。そういうの、大事ですよね。

 

 

5月からの環境の変化、どうなることやら楽しみです

次のおうちは、大家さんであるカナディアン女性とふたりでのシェア物件です。さらにこちらでは珍しいオートロック(厳密には違うかも知れませんが、鍵を持つ住人しか中に入ることができない仕組みになっていました)の物件で、セキュリティ的にも女性のふたり暮らしには心強いです。

独身生活を満喫している女性、という印象で、自宅もとても素敵でした。
相手の女性からも『最初に会って話していた時から、合う気がしていたの!』と言ってもらえて嬉しかったなー。お互いの第一印象が同じだったってことですよね。

 

実際に一緒に住んでみないことにはどうなることかわかりませんが、できることならワーホリ終了までここに住みたいなぁ、と思っています。

こんな感じで、無事に次のおうちが決まりました!

不安もありますが、やっぱりすっごく楽しみだ!!

 

 

…リビングに飾ってあった、その女性の息子さんの写真がものすごいイケメンだったのは、関係ないですよ?あわよくばお目にかかりたいなーなんて、そんなそんな!