ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

ビクトリアでのワーホリで友だちを作りたいと思ってた。でも、

こちらのWebサイトは移転しました。


ユキコログ

f:id:yukikolog:20160330234914j:plain

photo credit: Hair via photopin (license)

 

気づけば3月も終わり。

私のワーホリも同じく3ヶ月が終わりました。それはすなわち、私の全ワーホリ期間の4分の1が終わったということです。

 

さて、新年一発目のブログにて、私はこんなことを書きました。

yukikolog.hateblo.jp

 

いろいろと書いていますが、その中でも私が目標として掲げていたことがひとつ。

それは、英語でコミュニケーションをとる友だちを作ること。

 

これ、本当に難しいことを目標にしたなぁと、3ヶ月前の自分に言いたいです。笑

 

この人のことがもっと知りたい、一緒にいたいと思える人

単刀直入に言いますと、友だちとまではいかずとも、知り合いと言える人たちはできました。それは現地の人であったり同じ留学生の立場の人であったりさまざまですが、少なくとも相手との共通言語は英語です。

 

けれど、その人たちは私の友だちかと聞かれると、返答に困るんですよね。

会えば話すし、グループでの遊びには誘われれば参加するし、だけど。

 

友だちなのかと…いわれると…?

何ていうんだろう、遊び仲間、っていうのがいちばんしっくりくる表現な気がする。

 

そしてこれは私サイドの問題なのですが、英語でのコミュニケーションが難しくても、それでも。目の前のこの人のことがもっと知りたい!と思える人が今現在はいないんですよね。

だから、少しくらい英語での会話が成り立たなくても、気まずい時間が流れても、それでも一緒にいたいと思える人が、いないんです。

 

だからこそ上記のかるーいお付き合いから進まない。

難しいなぁ…。

 

そう思えた相手は、やっぱり日本人だった

とはいえ、私が自信を持ってこの人は友だち!と言える人がまったくいないわけではありません。

この人のことがもっと知りたい、もっと仲良くなりたい!と心から思った相手。

それはやっぱり、こちらではじめて会った同い年の日本人の女性でした。

 

同い年で、さらに相手もワーホリであるために、境遇やお互いの気持ちがとてもよくわかる。どんなものを見て、どんな教育を受けて育ち、そしてどんな思いでこんな遠いところまで来たか。どんな考えを持っているのか。

とってもわかり合えるし、そして知りたいと思えるんです。

 

やっぱり、育ってきた環境の違いってすごいものがありますね。

yukikolog.hateblo.jp

 

Camosun CollegeのELDコースの意外な落とし穴

CamosunのELDコースは、半分以上の生徒が移民です。少なくとも私のクラスは、私ともうひとりの日本人ワーホリ女性以外はほぼ全て移民です。

なぜかと言うと、移民の人たちの学費は私たち留学生と違いものすごく安いんです。さらにCamosunのELDコースは、移民の人たち向けの奨学金制度も非常に充実しています。

そしてその移民の人たちの大半(本当にほぼ全ての人たち)は既婚者であったり、子どもがいたり、すでに何らかの仕事をしている人たちです。私のように勉強だけをしている、完全なる学生のみの立場の人がほとんどいないんですね。

 

つまりどういうことかと言うと、学校が終わってから、もしくは週末などの休日に、気軽に誘える相手が本当に少ない、ということなんです。

学校帰りのお茶だったり、今日は金曜日だから飲みに行こう!という誘いだったり。週末には一緒に少し遠出をしてみない?というようなことだったり。

 

こんなささいなことがすっごく難しいんです。なぜならみんな、授業のあとは急いで帰って仕事に向かっていたり、子どもを迎えに行っていたり、家族との時間をとても大切にしているから。

やっぱり生活ステージが違う相手は誘いにくいんですよね。独身である自分と結婚して出産をした学生時代の友だちとの付き合いが、少しずつ疎遠になってしまうあの感じと同じ。

これ、特に私と同年代か年上の方ならわかっていただけるんじゃないでしょうか。

 

その点、ダウンタウンの語学学校に通っている人たちは比較的留学生や単身者が多く、そういったことはあまりないように思いました。

人によっては落とし穴でも何でもないかもしれませんが、CamosunのELDコースはクラスメイトとより親密になるのが想像以上に難しいな…というのが私の正直な感想です。

 

 

行き詰ったら、環境に変えてもらおうか

そんなわけで、今私がしていること。

それはシェアハウス探しです!

 

実は私、ビクトリアに到着してから今までずっと、ホームステイを延長していたんです。そこは本当に過ごしやすくて、ダウンタウンからは少し離れているんですがバスの本数もとっても多く、静かなのに便利で過ごしやすい場所なんです。

でもそろそろ、その環境から抜け出してみた方がいいのかもな、と。

確かに生活するには便利だけど、やっぱり世界が広がらないんです。多かれ少なかれ行き詰まりを感じている今、環境を変えてみるのもいいかも知れないな、と。

 

今のところいくつかメールを送ってみたら、即レスだったのはやっぱり日本語で対応してくれたところ。しかも返信内容がとってもていねい。やっぱりね。笑

ただそこは日本人しか入居していないようなので、非常に悩む…!

 

というわけで、また何か進展がありましたらお話を聞いてくださいねー!