読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

Camosun CollegeのELDコースの授業がはじまりました!……が、

カナダワーホリ カナダワーホリ-英語学習

f:id:yukikolog:20160114130233j:plain

 

 

先週、新入生に向けたオリエンテーションが全て終了し、今週から(ようやく)授業がはじまりました。

yukikolog.hateblo.jp

yukikolog.hateblo.jp

 

……ひとつよろしいですか。

 

もうめっちゃ疲れた!!

脳やら目やら耳やらがフル回転しても全然間に合わないこの感じ。
つ、疲れる…。

 

私のクラスの日本人比率は…

オリエンテーションの期間中は、自分のクラスはわかってもクラスメイトはさっぱりわからない!という状態でした。
それが今週の月曜日に初対面だったんです。

Camosun CollegeのELDコースは、先日もお伝えしたとおりWriting&Reading、Speaking&Listeningのふたつのクラスがあります。そしてこれはそれぞれレベルに合ったクラスに入れられるので、同じメンバーであるとは限りません。

 

まず先にSpeaking&Listeningの授業があります。

どきどきで教室に入りました。
続々と集まるクラスメイト、ざっと人数は20名くらいでしょうか。

その中で、日本人は私ともうひとり。ふたりでした。
そのもうひとりの日本人は、以前もお伝えした『どんどん英語話そうよー!』スタンスの方。

なかなかの英語環境です。
国籍はやや中国系が多い印象を受けました。他にはタイやインド、南米系の人も少ないですが在籍しています。

授業内容は、まだ始まったばかりで教科書も使っていない状態なので、またの機会にお話しますね。今週はなぜかテストばっかりだったんです。もういいよテストは…。

 

そして続いてWriting&Readingのクラス。
メンバーは半分くらいは先ほどのメンバーと同じ顔ぶれでした。人数も同じく20名くらいといったところです。

何とこのクラス、日本人は私ひとりだけでした…!

 

えっ?!

いや、求めてた。求めてたけどこの環境。

 

あれだけいた日本人の新入生がみんないなくなったよ?!笑

確かにCamosunのELDコースは朝昼夜ごとにクラスがあります。そしてレベルも6段階に分かれています。

でも、日本人の新入生は少なく見積もっても7~8人くらいはいたんです。

 

みんなどこのクラスにいるんだろう…。笑
ひょっとしてみんな実はめっちゃ英語レベル高い人たちだったのかな?

 

求めていたくせにね、やっぱり人間(というか私は)弱っちいもので。
本当に勝手でわがままなもので。

誰もいないとなったら何だか無性にさみしい。笑

 

今ちょっと、そんな気持ちにおそわれています。

ついでにこないだ、そんなクラスが別れた日本人の子たちのグループにまじってお昼を食べてみたんですよ。

そうしたら、ものの見事に疎外感を味わいました。

すでにグループができている女の子の輪の中に入っていくあのハードルの高さ、久しぶりに味わいました。かわいいカフェのことやら恋愛トークやら、そして話がわからない、入れない…!

何なら、日本人じゃない人たちといるよりつらかったです。笑

 

 

まだまだこれから!と言い聞かせています…

わかっているんですよ。

授業が始まってまだ1週間。
先生もクラスメイトもみんな探り探りの中で、まだまだ人間関係なんて作れないのはわかっているんです。

でもやっぱり、前セメスターから上がってきた人たちの仲がよさげな雰囲気とか。
同じ母国出身の人たち同士で(それがたとえ彼らの母国語でも)仲良く話している姿とか。
自分よりも積極的に他の人に話しかけている誰かの姿とか。

見ていると、やっぱりちょっとへこみます。
そしてわかっていてもやっぱりあせる!

 

こういうちっちゃな喜びがあるのも事実なんですが…。

 

 

………。

 

………暗い。何か辛気くさいよこのブログ。

 

 

マイペース!!

今は完全に自分のペースが乱れているのを自覚しているので、またちょっとずつ。
せっかくの環境に感謝を忘れずに、できることから。

 

ゆるゆるやっていきます。
最近ちょっと、この言葉を忘れてた。

気負いすぎていた気がするな。