ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

Camosun CollegeのELDコースのレベルチェックテストを受けました

こちらのWebサイトは移転しました。


ユキコログ

f:id:yukikolog:20160110070635j:plain

 

1月4日からの1週間は、これから通うCamosun Collegeのオリエンテーションに参加しました。

yukikolog.hateblo.jp

 

今日はそのオリエンテーションの日程中にあった、ELDコースのレベルチェックテストのことです。

 

実力が伴っていないのは承知の上。全て当たって砕けろ精神で。
とりあえず笑顔!伝われ私のやる気と情熱!!といわんばかりの攻めの姿勢でいってきました!

 

ELDコースのレベルチェックテスト!!

f:id:yukikolog:20160110063727j:plain

 

オリエンテーションの日程の中で、真ん中の水曜日の朝一にELDコースの学生のレベルチェックテストがありました。

30分間のwritimgテスト。30分間のReadingテスト。そして20分程度の先生とのマンツーマンでのSpeaking&Lsteningテスト!

余談ですが、筆記の試験で使用させられた鉛筆の書き心地は最悪でした。笑

 

ELDコースはレベルが2つあって、レベル1の方が私たちが想像するいわゆる語学学校のカリキュラムです。レベル2の方は、Camosunや他の大学に編入する準備のためのアカデミックなカリキュラム。

そしてレベル1の方は、さらにクラスが1~6に分かれています。1が完全な英語初心者(母国で英語教育がなかった人など)で、数字が上がっていくごとに上級者レベルになっていく感じ。

 

 

私はもちろんレベル1の方。クラスは……

 

Writing&Reading、Speaking&Listeningともにレベル4でした!!

 

上出来!上出来だよ!!
何ならSpeaking&Listeningのテストなんて、笑顔でごり押しでしたから!確かReadingだけ成績は5でしたが、それなんてたぶん勘が当たったからだと思う…。(Readingテストはマーク式でした)

 

ちなみにCamosunのELDコースのクラス分けは、どちらかというとSpeaking&Listeningの成績に合わせた分け方をしているようです。

オリエンテーションで出会った他の生徒さんたちと今回のレベルチェックテストについて話をしたところ、Writing&Readingの方がいい成績だったにも関わらず、Speaking&Listeningの方の結果に合わせたクラスになったという人がいました。

 

 

本気学生、頑張ります。

授業は1月11日からスタートします。

このブログを書いている時点ではまだ授業が始まっていないので、クラスメイトとの初対面もまだの状態です。

これから4ヶ月近くを過ごす仲間、どんな人たちなのかとても楽しみ。

 

とりあえず今は、クラスがわかってすぐに買った教科書をひたすら読んで予習に励みます。

 

…そう、教科書。

エージェントさんにCamosunをすすめられた時には、教科書は現地でレベル分け後に購入なのでおそらくの金額を見積もりにのせておきますねと言われました。

そこにあった記載は$100でした。
だいたいみなさんこんな感じですと言われたんです。

 

 

f:id:yukikolog:20160110064212j:plain

 

あれっだいぶ高いよ??!!
想定の倍以上の金額してるよ!!

教科書は大学構内のBook storeで購入するんですが、手持ちが足りなくてクレジットカードが使えることを確認してからレジへ持っていったことは内緒です。

 

こうなったら絶対にモトをとってやる。

ガンガン使い倒してやりますよ!
おとなになってからの学生生活、そのやる気は尋常ではないですからねー!!