ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

ワーホリ、ついにホームステイ先が決まっちゃったみたいです!

こちらのWebサイトは移転しました。


ユキコログ

f:id:yukikolog:20151124144047j:plain

photo credit: Gingerbread House -- Front via photopin (license)

 

先日、何気なくメールアプリを開いてみたら、エージェントさんからのメールが1通。
あ、エージェントさんのことはこちらを参照してください。

yukikolog.hateblo.jp

 

もう一通りのやりとりは終わってて、あとは何か質問があればこちらからメールをする…という感じになっていたので、何も考えずにメールを開いてみると…。

 

件名:ホームステイ手配完了のお知らせ 

 

 

………すっかり忘れてたね!!そういえば申し込んでたね!!

ちょっと今回、何か変なテンションになっています。
なんだろうこの変な感じ…。

 

というわけで、ホームステイ先が決まったようです

メールを開いた瞬間から、なぜか一気に緊張しました。
わくわく?みたいな、そんなプラスの感情は一切わかなかったですねぇ。

詳細を確認している時も緊張で吐きそうになりました。笑

空港からダウンタウンへの行き方とか、バスの番号とか時間とか…。
いまだかつてないくらいのリアルな文面がいっぱい!!

 

実はワーホリまでもう1ヶ月をきっているというのに、まだ現実味を感じていなかった私。

カナダに行くっていうことが、一気に現実として押し寄せてきた。
そんな感じになりました。

到着後は何日の何時にオフィスに来てね!という文面もあり、『あぁ…やっぱり私行くの?』っていう…なんていうか…、

今まではまだなんとなくのほほんとしていたのに。
でも、今はもう何か逃げられなくなってる!!

なんとなく今まで避けてた、現地到着後の手続きあれこれを考えなきゃいけなくなってきたんだね…。
入国審査のこととか、きれいに頭からどけていたんだよねぇ。

嫌だ…なんかもう行くのめんどくさい…とまで考えが沈んでいく始末です。

 

これがかの有名なワーホリブルーってやつ…?!

いや、たぶんいつものめんどくさがりが発動してるだけだ。
昔からどんな楽しみな約束ごとも当日に猛烈にめんどくさくなってドタキャンしたくなる、あの感じだわ。

えっ?なりません?そうですか…。

 

どうやら英語を話すしかない環境のようです

そうそう、肝心のホームステイ先のことですね。

ホームステイを希望した時、エージェントさんから簡単なアンケートがありました。
タバコは吸うか、子どもやペットはいてもいいか、インターネット環境はどの程度必要か…などなど、だいたい10項目ほどだったように思います。

今回私のホームステイ先となるのは、共働きのご夫婦のお宅です。
ちなみにどちらも日系の人ではありませんでした。
お子さんはいないようですが、ペットがいるようですね。
禁煙で、ワイヤレスのインターネット環境がある様子です。

どこまでここに書いていいかわからないので、とりあえず今はこの程度にとどめておきますね。

また、留学生を受け入れられるお部屋はふたつあり、すでにひとり台湾人の留学生がホームステイをしているとのこと。
その留学生の年齢は書かれていなかったのでわかりませんが、女性だと記載がありました。

そうか、台湾人か…。
ひとりでお世話になるよりは、仲間がいるのはよほど心強いけど…。

つまり、おうちの中では誰と話をするのにも英語を使わなければならない環境、ということですね!

 

……そこまで考えが行き着いて、さらに緊張したのは言うまでもありません。笑

いやでもこれは、とてもいいことですよね!
同じ異国の地に留学しにきている人も身近にいて、それでいて日本語に逃げない環境にいられるってことですもんね!

ね?!

 

私、意志が弱いので、すぐ流される自信があります。
それこそもうひとりの留学生が日本人だったりなんかしたら絶対に日本語に逃げる。
それだけはもう間違いないので、これでよかったような気がします。

意志が弱い人間は、環境の力がとても重要で、必要なんです!!
(いばって言うこっちゃありません)

 

 

頑張ります!!

もうこれしか言えない…。笑

 

私のワーホリの目的。
それは英語を話せるようになって、いろんな人とコミュニケーションをとること!

この初心だけは忘れることのないように。

頑張りますー!!