ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

『まあいいじゃん』と言えるゆとりはたくさん持っていた方が幸せだよね

f:id:yukikolog:20150910212224j:plain

 

いいのか悪いのか、私はとても大ざっぱです。
几帳面な人や細かなところまでこだわる人は、見ていてとてもすごいと思います。

でも私は、面倒くさがりで大ざっぱな自分も、そこそこ気に入っています。

 

それくらいの方が、意外と生きやすかったりするんだよなあと思うんです。

 

自分的な基準はゆるく持つ

私が面倒くさがりで大ざっぱなのって、おそらく自分の中のあらゆる基準が低いからなんだと思うんですね。

たとえば、そうだな…。
たとえば普段の掃除だって、最低限やればいいじゃん、とか。
どうせ毎日、自分がいるだけで汚れるものなんだからちまちまやっても仕方ない。
…これはただのズボラか?

何かをはじめてみて失敗してみても、そんなこともあるさーと思っちゃう。
それと同じだけ、他人の失敗もそんなもんさーと思って流してしまうんです。

いろいろあるけど、少しくらいのことならまあいいじゃん?

こういうスタンスなんですね。

これって几帳面でいつでもきっちりしている人にとっては、おそらく理解できないんじゃないかなあ…。

でもそれは、その人にとってきっちりできている状態が自分的な基準だから。
私の中の基準よりももっともっとハードルが高いんだろうと思います。

 

近寄りがたい相手には、接する時も窮屈に感じてしまうもの

それはとても素晴らしいことだけど、その基準のためにいつも息苦しそうな人っていませんか?

何だかいつもカリカリしていて機嫌が悪かったり。
他の人の失敗やミスにいつも苛立っていたり。

そんなオーラを出している人、たまにいますよね。

これってとても損をしていると思うんです。

その人自身はしっかりとした几帳面な人であるだけなのに、何もしていなくとも相手に窮屈な思いをさせてしまっている。
それで相手は萎縮してしまったり構えてしまったり、ひょっとしたら苦手意識を持たれてしまうこともあるかもしれません。

特に私は大ざっぱでズボラな人間なので、こういったタイプの人と接する時はとても気を遣います。
そしてやっぱり苦手意識を持ってしまって、何かこの人嫌だな…と思ってしまったこともありました。

 

好かれている方が、なんだかんだでやっぱりお得!

そういう人ほど、『まあいいか』と思えるゆとりをもっと増やしたらいいと思うんです。

ゆとりのある人に対しては、誰も窮屈に感じる人はいません。
ゆとりのある相手に対する時は、なんとなく自分も、いつもより穏やかに接することができている気がしませんか?

そしてそういう風に接することができる相手を、嫌う人はいないでしょう。
穏やかな中には波風は立たないものですから。

 

長い人生、嫌われるよりも好かれる方がなんだかんだでお得です。

嫌われないように必要以上に自分を制する必要はありません。
でも、ほんの少しのゆとりを持つだけで、人生はずいぶんと生きやすくなるものです。

 

だから私は、『まあいいじゃん』で許せちゃうゆとりをたくさん持っていたい。

それくらいでいた方が、私の人生は生きやすく幸せだとわかったから。
のんびり生きましょー。