読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

心から尊敬できる上司に出会えた幸運。今でも変わらない私の目標です。

考察、思うこと

f:id:yukikolog:20150910113213j:plain

 

私は今まで、アルバイトを含め3つの仕事をしました。

その中で絶対に切り離せないのが上司の存在です。
上司も人間ですから、本当にいろいろな人がいるもの。

そもそも自分との相性がいい人かどうかもわからないし、人としてどうなのか…というような人が自分の上に立っていると、本当にどうしようもなくなります。

 

でもその逆だった場合。

本当にそんな人との出会いがあったら、自分の人生は変わります。

 

心から尊敬できる上司の下で仕事ができる幸運

私は、前職場でそんな上司に出会うことができました。

私が接客仕事を好きだと思えるようになったのも、そんな上司のおかげです。

yukikolog.hateblo.jp

 

いちばんつらい時期を支えてくれた人

私は前の職場に在籍している時、人生でいちばんつらい時期を過ごしました。
ちなみにこのつらい内容は、仕事のことではありません。

仕事に行けるような状態ではとてもなかったし、精神的にもとても不安定になりました。

 

そんな私を、当時の上司はずっと待っていてくれたんです。

叱るでもなく、無神経に励ますでもなく。
何も言わずに、私が精神的に立ち直るまで。

ただただ待ってくれました。

この時、私は少しの間仕事をお休みしたんですが、黙って段取りを組んでくれたのもその上司でした。
対外的にも私の給与面においても不利になることのないように、フォローをしてくださっていたと後で聞きました。

ようやく私から上司に連絡をとることができた時、とても喜んでくれました。

本当にこの人には感謝してもしきれないほど、大事にしてもらいました。
自分が納得のいかない異動の動きがあった時も守ってくれていたとも聞きます。

こんな人もいるんだなと、今でも思います。
すごいですよね。

 

自分の背中で見せ、語る人

前の職場で尊敬していた上司は、もうひとりいます。

いちばんつらい時期を支えてくれた上司の下を離れ、しばらくたった頃。
ものすっっっごい仕事のできる上司が異動してきました。

その人はとにかく結果を出すんです。
いちばんのお荷物だといわれたところで数字を上げ、万年赤字だったところから自分の手腕で利益を生み出しました。

 

それでいて、つかみどころがないひょうきんな人でした。

いつでも飄々としていて軽やかで、苦労や大変さをみじんも出さない。
ひょっとしたら本当に軽々と仕事をこなしていたのかと思いますが、それであの結果を出していたのならもっと怖い。

そこまで仕事ができる人って、ワンマン的になったり周囲へ威圧感を与える人も少なくないですよね。

でもこの人は、そんなやり方はかけらもありませんでした。

きちんと叱るべきところでは叱りはしますが、基本的には放任主義。
自分のやり方を、黙って背中で語る人。
それでいて私たち部下の仕事に関しても、きちんと最後は責任を持ってくれていました。

本当に仕事がやりやすかったです。
この人がいるだけで、何にも変えられない安心感がありました。

 

 

自分もこうなるんだという目標ができた

今でもこのふたりの上司は、私の変わらない目標です。
こんな人たちと会い、そして共に仕事ができたことは私にとって本当に幸運でした。

 

今の職場でね、ある人と話していて思ったんです。
その人は今の職場しか経験がなく、そして今まで上司に尊敬の念を抱けたことがないと言っていました。

それって本当にもったいないことなんですよ。

狭い世界だけしか見えず尊敬できない人たちに囲まれて仕事をするのは、心がすり減ります。

いくら給料がよくても、残業がなくても。
そんな環境ではやりがいも生まれないし、何より自分が楽しくないです。

 

少なくとも私は、このふたりの上司に出会って人生が変わったと思います。
考え方や価値観に非常に大きな影響を与えてもらいました。

そう思える上司に出会えた私は、ものすごく幸運でした。
いつかまた会えたなら、そんな人たちに胸をはれる生き方をしている私でいたい。

そう思います。