読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

好意やプラスの感情は、出し惜しみしているひまなんてない!

考察、思うこと

f:id:yukikolog:20150829201644j:plain

 

私はあなたが好きです。
こういうところが素敵だと思う。
あなたといると、本当に楽しいよ!

私は、誰かに対する好意やプラスの感情は、まっすぐに伝えるように心掛けています。
それにこれは、思ってからできるだけすぐに。

 

だって、こういったものをもらって嫌な気持ちになる人って、そうそういないです。
私もそう言ってもらえたら、とても嬉しい。心の中で踊ります。

そういう気持ちを、出し惜しみする必要ってないんじゃないかなぁと思うんです。

 

自分も幸せ、相手も嬉しい。

そもそも、こういうことを伝えたいと思える相手といられる自分は、この時点でとても幸せですよね。

こんな気持ちにしてくれる相手といられる。
何もしなくても、私はほんのり幸せな気分にしてもらえる。

これからも自分と一緒にいて欲しいから、好意やプラスの感情はしっかりと伝えていきたいんです。

先ほども書きましたが、こういうプラスの感情は相手もきっと嫌な気持ちにはならないはず。

私は大好きな人といられて幸せ。
相手もきっと、プラスの感情を受け取って嬉しい。

いいことしかないですよね!

いつまでも私のそばにいてくれるわけじゃない

照れているひまなんてないんです。

私が大好きなその人は、いったいいつまで私のそばにいてくれるんでしょう?
これは退職を間近に控えた身だからこそ、余計に考えるんですよね。

私の周りには、尊敬する人や大好きな人、一緒にいると落ち着く人がたくさんいてくれています。
もちろん、今の職場にもたくさんいます。

そんな環境から、もうすぐ私は退職という形で自分から離れることになります。
その大好きな人たちは、物理的に私のそばからいなくなってしまうんです。

物理的な距離は、何もしなければ心の距離にもつながります。

たとえ距離が離れても、私はそんな人たちと付き合いを続けていきたい。
だから、そんな自分の気持ちを出し惜しみしているひまなんてありません。

 

極端なことを言うと、明日にもそんな人たちに会えなくなる可能性だってあるんです。

明日も元気に『おはよう』と言い合える保証は、どこにもないんですよね。
普通に生きていると、それが当たり前になって忘れてしまうから。
それが嫌だから、私は出し惜しみをしません。

 

 

誰かに対するプラスの感情は、きっと誰かの支えになる

自分のことを信じて好きだよと言ってくれる人
そんな人がいるって、すごく心強くないでしょうか。

私は、そんな人たちの存在は私の心の支えです。

すごく単純な考えなんですけど、それを他の人たちにも感じてほしいんですよね。

自分はひとりじゃないっていうこと。
信じて、許してくれる人がいるっていうこと。
自分のことを大好きだと思ってくれている人は、絶対にそばにいるっていうこと。

これを自分で気付くことはとても難しいことだから。
少しでも気付ける手助けになるように。

 

f:id:yukikolog:20150829202137j:plain

 

いつも私を助けてくれてありがとう。
あなたと一緒に過ごせて、私は本当に幸せです。

だからいつまでも元気でいてください。

そうして、これからも私と笑ってくれたら嬉しいな。