読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

変化を受け入れられる、変化し続ける人でありたい。

停滞ほどつまらないものはありません。

けれど、停滞している状態というのは自分では気付けないものです。
そんな自分だけでは気付けないことならば、

私は、誰かの声に耳を傾けられる人でありたいです。
そしてしなやかに、変化を楽しめる人でいられるように。

 

『今』、そして『自分』に対して疑問を持てるか?

今の状態や、自分のこと。
冷静に見つめ直し、疑問を持つことはとても難しいことです。

どうやっても甘くなるし、『ま、こんなもんだろう』と妥協してしまうことも増える。けれど、こうなってしまった時から、人は停滞をしてしまうのだと思います。

『これでいいのか?』と、いつでも疑問を持てる自分でありたい。
誰かのせいにする前に、自分が停滞していて周囲についていけていないのではないかと、ふと考えられる自分でありたいんです。

そして、それがどうしてもできない時にも、それを私に教えてくれる人を大事にしたい。

『それは違うよ』と、ストップをかけてくれる人。
『落ち着け』と声をかけてくれる人。
『見えているものだけが、自分だけが全てだと思うな』とたしなめてくれる人。

そんな人がそばにいてくれたら、私はきっと道を間違えることはありません。

 

イエスマンだけで自分の周りをかためるのは簡単です。
そしてとてもラクでしょう。

それでも、絶対にそうしてはいけないと思うんです。

そんな環境で生きてしまったら、私は絶対に停滞してしまう。
停滞は、やがて転落と停止を生んでしまう。

だから私は、『今』そして『自分』に対して、いつでも疑問が持てる状態でありたいです。

 

 

心はオープンに。あなたの声を聞かせてください。

そんな状態でいられるために、私はいつも心はオープンにしていたいんです。
私が心を閉じてしまったら、他の誰かの声は届かなくなってしまう。

私を思って届けようとしてくれる声を、きちんと受け止めていたいから。

例え自分にとって耳が痛い話でも、必要だと思ってくれているからこその言葉を、拒絶するようなことがないように。

 

かたくなになって、ガチガチになってしまうことのないように。

 

しなやかな心で、

そんな状態の自分でいられたら、きっと停滞なんて生まないでしょう。

軸はぶれずに、外側はしなやかに。
自分がどんどん変わっていくことを、楽しんで受け止められる自分でいられると思うんです。

誰かの言葉で自分が変わることも、また一興。

こう考えたら、人生はもっともっとらくに楽しくなる気がします。

 

 

f:id:yukikolog:20150826222929j:plain

 

 

……何だろうこのやけにポエムな内容。
ぐあーっと出てきた気持ちをそのまま書いたら、何だかとっても恥ずかしい内容に!笑

読み返したらすごく恥ずかしくなったけど、せっかくなので置いていきます。

 

恥ずかしいことこの上ないけれど、これも私の正直な言葉です。