読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

今だから読んで欲しい!90年代りぼんおすすめ漫画5作品を勝手に紹介します

電子書籍 電子書籍-マンガ紹介

りぼん。

私と世代が近い女性はきっと、小学生くらいの時に読んでいた人が多いと思います。

当時はりぼん派となかよし派が2大勢力でしたよねー。ちなみに我が家は妹と二手に分かれてどちらも読める理想的な環境でした。(すごくどうでもいい)

そんなりぼん、今年(2016年)は創刊60周年記念でこんな特設サイトまであります。

ribon60th.com

 

今回このサイトをみて勝手に気持ちが盛り上がってしまっているユキコが、当時大好きだった漫画を紹介します。

今だからこそ改めておすすめしたい、素敵な作品がたくさんあるんです。

ちなみに、おすすめする作品は基本的に電子書籍になっているものにしました。電子書籍は本当にもっと普及してほしいなー。

yukikolog.hateblo.jp

 

90年代『りぼん』おすすめ漫画5作品、一挙ご紹介!

それでは5作品、一挙にご紹介!

天使なんかじゃない 

冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいることを知り…?

とにかく主人公の翠ちゃんがかわいいんです。一途に晃のことを思う翠ちゃんの姿に何度号泣したことか…!

また翠ちゃんの親友であるマミリンの恋愛模様も泣かせるんです。恋をして、どんどん可愛くなっていくんですよねえマミリン。

こんな高校生活に憧れた人は絶対に多いはず。

私も憧れました。こんな生徒会はなかったけど。晃もいなかったけど!

 

こどものおもちゃ

倉田紗南は人気TV番組に出演中の元気な小6の女の子。母・実紗子やマネージャー・玲くんに囲まれて、幸せいっぱい。そんな紗南の通うクラスは羽山秋人の仕切りでメチャクチャに荒れてて…。紗南はついに!?

 当時アニメ化もした作品です。

最初はギャグも多いんですがどんどんシリアスになっていきます。小学生の頃からつかず離れず、何とも言えない距離感の紗南と羽山の関係にもだもだしたものです。

この漫画はキャラクターたちのその後を描いたこんな作品もあります。

 

ファンにはたまらない紗南と羽山のその後のお話。

個人的には直純くんのその後にじんときた。

 

ケロケロちゃいむ

ケロケロちゃいむ(1)

ケロケロちゃいむ(1)

 

どこか深い森の真ん中にあるかえるの国に、かえる族の姫・ミモリはたくさんのかえるに囲まれ幸せに暮らしていた。ある日、かえるの国に少年のアオイがやってくる。アオイは水にぬれるとかえるになる魔法を、ミモリの兄・マカエルにかけられていた。そんなアオイの魔法をとくためにミモリとアオイは冒険の旅にでかけることに!!アニメにもなった藤田まぐろの大人気作品!

 全5巻です。

こちらは先ほどの2作品ほど爆発的な人気はなかったかと思います。少し天然なミモリと、ツンデレヒーローのアオイのやり取りがすきでした。

個人的には、ミモリのお兄ちゃんのマカエル王子がすき。

好き勝手してみんなに迷惑をかけているだけと見せかけて、実は誰よりも家族を大切に思ってる。そんな姿がかっこよいのです。

 

ペンギン☆ブラザーズ

ペンギン☆ブラザーズ 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

ペンギン☆ブラザーズ 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

三嶋陽菜が転入した常盤学園の生徒たちは、白と黒の制服のグループに分かれて争っていた。少数派の私服組、グレイとなった陽菜を待ち受けていたのは!?

こちらも全5巻。

椎名あゆみ先生はおそらく『ベイビィ★ラブ』『あなたとスキャンダル』の方が有名かと思いますが、あえてこちらをセレクトしました。

あんまり恋愛色が出過ぎていなかった、当時のりぼんではおそらく少し異色な作品。そしてこれ、ぎりぎり90年代作品ではございません。ごめんなさい。

私は当時、表紙左下の小柴くんのけなげさにときめいていました。

 

ママレードボーイ

【ニッコリ笑顔の離婚宣言!?】小石川光希は、明るく元気な高校一年生。二組の両親の“入れ替え結婚”で、同居することになった松浦遊は、カッコ良いけど意地悪な男の子! ある日、遊が寝ている光希にキス!! 反発する光希だけど、遊の優しい素顔も見えてきて…どうしよ~! 胸が高鳴るホップ・スキップ・コメディ!

光希の両親と遊の両親がそれぞれ相手を交換して再婚し、新しい二組の家族がひとつ屋根の下で同居するところから物語ははじまります。

これ、今改めて読み返してみたらすごいストーリーですね!笑

遊のちょっと何を考えているかわからない、ミステリアスなところがかっこいい。

もうひとり、光希と同じテニス部の銀太という男の子との三角関係が序盤の見どころです。

 

 

おすすめをまとめるのって楽しい

ちょっと世代にどんぴしゃ過ぎて、かなり書いていて楽しかったです。

次はおそらく、なかよし作品の紹介ブログも書くと思います!りぼん漫画もまだまだ足りない!

今回紹介した作品たちを読んでいた当時は、今のようにスマホやパソコンもなく、みんなで漫画雑誌を読んでいました。今でも読みながら当時の気持ちや思い出がよみがえってきて、不思議な感じがします。

今回はものすごく頑張って無理やり5作品にまとめましたが、まだまだおすすめしたい漫画はいっぱいあります。

これからもちょくちょく紹介していきたいと思っているので、よろしくお付き合いくださいー!

 

そんなわけで、書いちゃいました。

yukikolog.hateblo.jp