ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

自分が正しいと思えることをやりきるって、大変だけど必要なこと

f:id:yukikolog:20150627175601j:plain

人と接していると、“普通”というものがわからなくなります。

 

自分は当たり前として教えられたものも、目の前の人にとってはそうでなかったり。
人付き合いって本当に難しいですよねえ…。

 

どう受け取られるかを考える

職場でこんなことがありました。

連休に旅行へ行った人が、職場の各フロアへお土産を買ってきてくれました。
そのお土産はとても人気で、全員に行き渡らずすぐになくなってしまったんです。

 

私はひとついただいて、美味しかったとお礼を伝えました。
そしてお礼と一緒に、『美味しくて人気があったから、なくなるのが思ったより早かったですね』と言いました。

そう言うと、お土産をくれた人は喜んでくれたんです。

 

『前に別のお土産を持ってきた時も、わりと早くになくなっちゃったんです』
『その時は全然数が足りなかった!って言われて、せっかく持ってきたのに何だか責められたように感じて、悲しかった』

 

そう言われました。

 

言っている内容は、私が言ったことと大差なかったと思います。

言われる相手の立場を少しだけ考えて発言する。

ほんの少しの言い回しの違いで、ここまで受け取り方って変わるものなんだなと思った瞬間でした。
今回は私の言った言葉は喜んでもらえましたが、ひょっとしたら相手を傷つけていた可能性だってあるんですよね。

 

言葉って、よくも悪くも他人の心にまっすぐ届くものです。 

 

 

自分の常識は他の人にとってはそうじゃない

もうひとつ職場でのできごと。

私は13時までにあるものが欲しいという依頼を受けていました。
ただ、当日の11時になってから、急きょ11時にもらえないかと問い合わせがありました。

この依頼は柔軟な変更が可能なものではあるんです。
それでもこんな急なタイミングで変更を言われると、やっぱり少し気分が悪いもので…。

11時になってからまさにその時間にくれだなんて、少し非常識じゃないですか?

 

私は他の部署との調整をして、11時10分に受け渡しをしました。

 

その少し後、何度かその相手と顔を合わせたんですが…。

何にもないんです。
『無理を言ってごめんね』だったり、『助かった』だったり、そういったフォローのようなものがなかった。

私が逆の立場であれば、絶対にするのに。
普通はそういう、後でフォローを入れるくらい社会人として常識じゃないの?

 

そう考えました。

でもそうじゃないんですよね。
タイトルにも入れたとおり、これはあくまでも私の中での常識なんです。

どちらに落ち度があるとかないとか関係なく。
相手にとっては、それは当り前のことではないだけ。

ただそれだけ。

 

 

それなら私ができることは

 

相手の気持ちも少し考えながら、それでも自分が正しいと思えることをやる。

 

これしかないんです。よね。

 

相手のことを考えることは確かに大事で、必要なことです。
考えなしに好き放題やることとはまったく違う問題です。

でも、そればかりを考えて自分を引っ込めていたら、その時は誰が自分自身を認めてあげるんでしょうか。

 

相手の受け取り方は自分ではどうしようもない領域だから。
それを気にしていても仕方がないこと。前へ進めなくなります。

 

自分が間違っていたら、それをちゃんと認めればいいんです。
自分がだめだったのなら誠意をもって謝ればいい。
きちんと非を認めて、反省すればいい。

 

そうしてまた自分の中の正しいを増やしていけばいいと思います。

そうやって生きていけたら、素敵ですよね。