ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

英語学習に必要不可欠なあれは、こちらを参考にして買いました

f:id:yukikolog:20150627174653j:plain

 

英語の勉強に欠かせないものといえば、英和辞書ですよね。それに加えて和英辞書と、英英辞書もあればなおよし、という感じでしょうか。

 

私は買うのであれば電子辞書だろうなとぼんやり決めてるんですが、まだ一歩が踏み出せずにいます。

いったいどれを買えばいいのでしょうか?

 

そもそも、電子辞書が必要?

そこがどうにもわからないんですよね。

英語の勉強=辞書が必要。
これはわかるんです。むしろないとできない。

 

そう思って何度もお店に足を運びました。
でもその度に、思っているより高いお値段に打ちのめされてとぼとぼと帰ります。

 

参考までに、これくらいのお値段です。

 私には手が出ない…。切ない。

そもそも、電子辞書って何でありとあらゆる種類の辞書機能を詰め込んでるんでしょうかね。私は英和と和英、あれば英英でじゅうぶんなのに!

きっと必要な人にはとてもいいんだろうけど、私には宝の持ち腐れ。

 

 

 あっ、これとかいいんじゃないかな?
シンプルな機能、片手操作できるところもポイントが高い!

 

それでも購入には至っていません。

それに今のところ、こういった電子辞書の類を買わずに何とかなっているんですよね。

 

なぜなら別のものを代替品として使っているからです。
電子辞書ではなく、英和辞書のアプリを購入したんです。

 

 

こんなアプリ使っています

私は電子辞書を現在のところは購入していません。
その機能が必要なわけであって、その機械は必要ではないんです。

それでは何を代替品として使うか。 

 

 

そこで私は、とある方のブログを参考にしました。

それは前原和裕さんあしたはもっと遠くへいこうというブログです。

この方は世界のどこでも収入を得られるライフスタイルを模索し、そのための一歩として、フィリピン英語留学、オーストラリアワーホリを経験されています。

私がワーホリというものに興味を持った本当に最初の頃から、ずっと読ませていただいているブログのひとつです。

この方のブログ記事の中で、このエントリーがありました。

maeharakazuhiro.com

 

これを読んであっ!と思ったんです。
あ、そうか。アプリを入れてしまえばいいじゃん。と。

 

 

こうして私がインストールした辞書アプリはこちら。
ブログの中で、前原さんがまずおすすめされていたものです。

 

ウィズダム英和・和英辞典 2
ウィズダム英和・和英辞典 2
開発元:物書堂
¥2,900
posted with アプリーチ

アプリとしては2900円と高めに感じますが、辞書として考えればどうでしょう。

破格じゃないですか?
ちなみにこのアプリ、ちょくちょくセールをしているのを見かけます。私はそのセール時に購入したので1500円で買うことができました。

 

このアプリ、スマホにインストールされるので荷物が増えない。そしてまず忘れることもないですよね。スマホだから。

そして無料の辞書アプリにありがちな、通信環境も必要ありません。圏外にいても普通に辞書として使えます。

 例文や、発音だって聞けちゃいます。

 

今のところは、私にとっては本当にこれでじゅうぶんな機能です!

 

 

やっぱり経験者の言葉は、重い

前原さんのように、実際にそこへ行き生活をして学んだ方の言葉は重いです。そして、いろいろと経験をされ吟味をしていると感じられるから、信頼できる。

私もこんなブログにしていきたいなといつも考えさせられます。

 

こんな感じで、私はひとまず電子辞書の購入はせず、アプリで代用するという方法をとってみることにしました。

使ってみてその上でどうしてもやっぱり機能が足りないと感じたら、また電子辞書の購入を検討すると思います。今のところはその必要はまったくなさそうですが…。

 

いかがでしょうか。
電子辞書を購入するのに今一歩踏み出せない人も、まずはスマホアプリから挑戦してみるのもいいと思いますよ!