読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

わかってもらおうとしないでいい

考察、思うこと

f:id:yukikolog:20150627172222j:plain

越えられないラインって、別にあってもいいと思う。

 

今回はワーホリ準備のお話は少しお休みして、普段のお話。

私は現在、女性ばかりの職場に在籍しています。
いわゆる中小企業にありがちな、一族経営。

所長が理事長の娘なのですが、この方がまー嫌われているんです。
もちろん私も、嫌いです。

 

最初は分かち合えて、楽しかった

所長が嫌われている理由は省略しましょう。

ただ、本当に接する機会のある人間にはもれなく。嫌われている。
ここまであらゆる人の心を乱せるのは一種の才能だな、とまで思う。

日々反面教師として対応するよう努力しています。

 

いわゆる悪口、愚痴というのは、言い合っているはじめは楽しいですよね。

こんなことを思っているのは私だけじゃないか、私がおかしいのかな、そう思っていたことが間違ってなかったんだと思えるんだから。

話題は尽きず、話は止まらない。
こんな自分はとても醜いんだろうなと思いながらも、止まりませんでしたね。
だってやっぱり、所長が言うことやること、納得がいかなかったから。

 

 

冷静になってみた

いつものように話をしていると、ふと思ったんです。

 

生産性がないなあ。こんなことをしていても、何も意味がないのに。

別の誰かの話を聞いている真っ最中に、そう思ってしまったんですよね。
それにやっぱり、こんなことをしている人の表情って、醜い。
もちろん私も含めて。

この時はじめて、この場にいることがしんどいと感じました。

この場にいるみんな、仕事への情熱もあって実力もあるのに。
それなのに、こんな時間の使い方をしているのは勿体ないことなんじゃないか。

 

気付くのが遅いですね。
それでも、ようやくそう思えることができました。

 

 

理解してもらえなくてもいい

今はこう思っています。

所長は確かに理不尽で、納得がいかない。嫌いだという感情には変わりない。

 

それでも、自分のやっていることに、自分が納得できていればいい。
無理に所長に理解してもらえなくてもいい。
話して説明してわかってもらおうなんて、そんな労力のかかることはもうしないでいいや。

わかってくれる人は、所長以外にいますから。
もちろん、逆もしかり。

 

結局は、自分自身の気持ちしだいなんだなと思います。