ユキコログ

1985年生まれ。2016年12月に1年間のカナダ・ビクトリアでのワーキングホリデーを終え、現在は中南米を気ままに旅行中。

電子書籍のススメ

本、読みますか?

 

私は、そこに文字があればとりあえず読んでしまうタイプです。活字中毒に近いのかな?

ちなみに小説はもちろんですが、漫画ももちろん大好きです。

 

ワーホリに行くにあたって、本の持ち運びには悩みました。

そこで候補にあがったのが、電子書籍。 

今までは、電子書籍に対して興味はあれど少し抵抗があったんですが、これもひとつのタイミングということで、思い切って利用してみることにしました。

 

電子書籍、これ最高かもしれない

利用したのはこちら。電子書籍でおなじみ誰もが知ってるAmazonのkindle。アプリ自体は無料でダウンロードできます。

Kindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー
Kindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

私実は、電子書籍を読むのに何か専用の機械が必要だと思ってたんです。でも、そんなことはまったくないんですね。無料のkindleアプリをスマートフォンにダウンロードするだけで、簡単に電子書籍が読める環境ができちゃうんですね。

さらに、電子書籍は複数のデバイス(パソコンやタブレット)で書籍が共有できる
つまり外でスマホで読んでいた電子書籍の続きを、自宅でタブレットで読めちゃうということですね。

当然、手荷物からは以前は持ち歩いていた紙の本はなくなります。

そして一度ダウンロードした(購入した)電子書籍を読む時はインターネット接続もいりません。

 

これら全て、実際に体験するととっても便利でした。

 

それに紙の本を読む時って、かならず両手が必要ですよね?無理をすれば読めなくもないけど、やっぱり厳しい。

私は主に電車の中でスマホで電子書籍を読むんですが、これが片手で読めるようになったんです。

 

電子書籍、本当に、便利!

今まで食わず嫌いをしていた時間が勿体なかったです!本当に!

 

 

デメリットももちろんあります

ここまで手放しに誉めてきましたが、もちろんデメリットだってあります。

 

ひとつは、電子書籍のサービス元がサービスを停止してしまった際は今まで購入した電子書籍が読めなくなります。購入しているのは、あくまでも電子書籍を読む権利、という解釈だからだそうです。

 

これ、実はすごく怖いですよね。

ある日突然、お金を払って買った電子書籍が読めなくなる。今のところこれを防ぐには、撤退や終了の心配が少ない大手のサービス元を選ぶしかないのではないかと思います。

私がkindleを選んだのもこれが理由のひとつです。

kindleのサービス元は、天下のAmazon。よっぽどのことがない限り、なくならないと思ったからです。 

 

あとは、書籍内容によって読みにくいものがあるように感じます。参考書なんかは紙の方が扱いやすいと私は思いました。

全ての本が電子書籍化している訳ではないこともデメリットだと思います。

他にも、やっぱり紙の本よりも目が疲れやすいと感じました。これについては専用端末ではずいぶんましだということは聞いていますが、実際に使っていないのでわかりません。(画面が目に優しいらしい…ですよ)

 

 

総合的にみても、やっぱり使う価値は十分にある

ここまで電子書籍初心者が感じたメリットデメリットを並べてみましたが、それでも私はこれからも電子書籍を利用していきます。デメリットに勝るメリット、手軽さや便利さは本当に素晴らしい。

正直私はもう、紙の本には戻れないと思います。

 

電子書籍は無料のものもたくさんあるので、興味がある方はどんどん気軽に試してみるといいと思います。

きっと、考え方が変わると思いますよ!